普通に運転していて対向車線のフリードスパイクとすれ違うとき、普通の1BOX車種に見えてしまいます。

フリードスパイクとすれ違うとき普通の1BOX車種に見える

普通に運転していて対向車線のフリードスパイクとすれ違うとき、普通の1BOX車種に見えてしまいます。
実際にはあんなにタウンミニのサイズなのに特に正面から見ると立派に見えます。
フリードもそうなのですがフリードスパイクの方が顕著にそれを感じます。
やはりフロントのデザインの差が大きいのかもしれません。プレーンな感じである意味おとなしいフリードのフロントマスクに対して、直線基調の押し出し感の強いフリードスパイクのフロントマスクは個性がありますよね。またステップワゴンなどにも通じるアイデンティティの主調の強さがあります。
これが立派に見える要因なのかもしれません。タウンミニで押し出しの強い車種を考えてみると意外にないものですね。まだ軽自動車の方が男性仕様などのラインナップがあって明確に押し出しの強さを持っているように感じます。


軽自動車じゃない普通車のタウンミニは世界市場でも通じる価値を持たなくてはいけないからか、そういう日本固有のマーケットに応じるようなデザインは少ないです。
そんな中でホンダはフリードスパイクにこんなに強い押し出しを与えたのですからある意味驚きです。
ただフリードスパイクはアウトドアを楽しむような仕様になっているため、必ずしも押し出しの個性が活かしきれていないようにも思います。
アウトドア仕様ではなくタウンツーリングなイメージでまったり仕様のフリードスパイクなら押し出しの個性が活きてくるのではないでしょうか。